忍者ブログ

フリーダムクライ

少しでも楽しくなるような事を紹介する予定です。
2017
06,30

«[PR]»

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2007
05,31

ウオッカの「凱旋門賞」参戦が決定(DailySports online)

64年ぶり、史上3頭目の牝馬によるダービー制覇を成し遂げたウオッカ(牝3歳、栗東・角居)の凱旋門賞・仏G1(10月7日・ロンシャン競馬場)参戦が30日、正式に決まった。栗東トレセンを訪れた谷水雄三オーナーと、角居調教師が会談を行ったもので、ヴェルメイユ賞・仏G1か、ニエユ賞・仏G2(いずれも9月16日・ロンシャン)をステップに本番へ向かう。

来ましたねー!!

凱旋門賞は、3歳馬の優勝馬が多い事で有名なレースです。
その理由は、負担重量の差によるところが大きいみたいです。

ウオッカがレースに出走する時には、3歳牝馬なので、54.5キロを背負う事になります。
一方で、古馬の牡馬の場合には、59.5キロです。
この5キロは、ものすご~く大きいです。
一般に1キロの重量差が1馬身差に相当すると言われていますので、5馬身ものアドバンテージを与えられる事になります。

昨年1番人気で出走した、あのディープインパクトの場合にも、59.5キロの負担重量に泣かされました。
1着との着差は、クビ+1/2です。
そのとき負けた馬は、3歳馬と牝馬なので、負担重量がいかに影響しているかがわかると思います。

ダービーの完勝っぷりを見る限り、牡馬も含めた日本の最強馬である事は間違いありません。
そこに5キロの有利をもらえるとなると、勝てるのではという期待が持てます。
ステップレースを使うみたいですし、ただ参加するだけではなく、勝利への本気度も100%でしょう!

めちゃめちゃ楽しみです♪

一緒に、天皇賞馬のメイショウサムソンが参戦するみたいですが、どうもかすんでしまいますねw
(古馬のチャンピオンなのに、昔から花がなくてカワイソス・・)

PR
Post your Comment
Name:
Title:
Mail:
URL:
Color:
Comment:
pass: emoji:Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

trackback
この記事のトラックバックURL:

カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
Master of Ton
性別:
非公開
職業:
放牧等をしています。
趣味:
食べる事w
最新CM
(01/11)
(01/09)
(11/17)
(10/19)
(10/05)
最近のマイヒット商品
ブログ内検索
バーコード
アクセス解析
カウンター

Powered by Ninja.blog * TemplateDesign by TMP
忍者ブログ[PR]